アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

アイピルのホルモンへの作用

目がきれいな女性

アイピルは避妊に失敗した時に妊娠するのを避けるために服用するモーニングアフターピルと呼ばれる薬です。
ピルと言えば毎日飲んで妊娠することを防ぐ薬ですが、アイピルは性交渉の後に飲むことで妊娠することを防ぐ働きがあります。

アイピルの成分は、ピルと同じように女性ホルモンです。
避妊のために毎日飲むピルとの違いは配合されている女性ホルモンの量です。

アイピルは緊急避妊のために使うもののため、大きく女性ホルモンのバランスを変化させる必要があるためです。
通常、妊娠しやすいと言われている排卵期には卵胞ホルモンが急激に増え、排卵後には減少してきます。
その後、子宮内膜を厚くするために黄体ホルモンの量が上昇してきます。
アイピルを飲むと黄体ホルモンと同じ働きをするホルモンが子宮に到達して子宮で黄体ホルモンが分泌されているのと同じ状態を作ります。
アイピルの効果が切れてくると黄体ホルモンが亡くなるのですが、黄体ホルモンの量が減少したタイミングは、身体にとって生理が起こるタイミングになります。
そこで子宮内膜を剥離させて生理を引き起こします。
この、体内でのホルモン量の変化を引き起こすことがアイピルのホルモンへの作用となります。
ホルモンの体内の濃度を大きく変化させるため、あくまで避妊に失敗した時だけに飲むようにしましょう。

アイピルを飲んで3日~3週間ほどの間に消退出血が起これば、消退出血が起こる前日までに行った性交渉で妊娠はしていません。
消退出血とは生理のようなものですが、人工的に引き起こしているもののためこう呼ばれています。
3週間経過しても消退出血がない場合には妊娠してしまっている可能性があります。
病院に行って検査を行うようにしましょう。

関連記事