アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

アイピルの仕組みと大豆イソフラボン

きれいな目

アイピルは、モーニングアフターピル(緊急避妊薬)の一種で、SEX中の予想外のトラブルによる望まない妊娠を防ぐ薬です。
アイピルが効く仕組みは、決められた時間にアイピルを服用すると卵子の受精や受精卵の着床を防ぐことで、避妊を回避させます。
性交渉から24時間以内に飲めば95%、72時間以内で75%の避妊回避率があるとされています。
性交渉から服用までの時間が短いほど回避率が高くなるので、危険と判断したらすぐに使うようにしましょう。

妊娠と女性ホルモンには密接な関係があり、女性ホルモンが分泌されることで妊娠の準備が整います。
女性ホルモンは主に卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類に分けられます。
この中で整理の後半に大きく関与してくるのがプロゲステロンです。

排卵直前には黄体形成ホルモン(LH)が大量分泌されますが、ここでプロゲステロンを投与するとLHの働きが抑えられます。
すると排卵を止めたり、遅延せることができます。
アイピルはこの仕組みを利用して、妊娠を回避させています。

ちなみに、大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た作用があると言われていますが、これはエストロゲンに似た働きです。
なので、大豆を食べたからといってプロゲステロンが供給されて妊娠が止まるわけではありません。

SEX中にコンドームが外れてしまったり、レイプされた、などの緊急事態に備えて、モーニングアフターピルを用意しておくと安心です。
ネットでも個人輸入できるようになっているので、安全に利用できる業者を見つけてお守り代わりに持っておいても良いでしょう。
望まない妊娠を防ぐためにも、万が一のことを考えておくことが大切です。

関連記事