アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

アイピルの体への負担

きれいなまつげ

アイピルは性交渉後、24時間以内に服用することで95%の確率で避妊できるとされているアフターピルの1つで、ノルレボのジェネリック医薬品なので安く購入することが出来ます。
毎日服用する低容量ピル等とは異なり、1回服用するだけでも避妊の効果があります。

コンドームの代わりに避妊目的で使用するのではなく、避妊に失敗した時の為に備えている場合が多いようです。
アイピルは服用することで頭痛やめまい、不正出血、吐き気などが副作用として最も多く起こるとされています。
また症例としては少ないですが、腹部痛や下痢、貧血、嘔吐、月経過多や月経の遅れなどが起こる場合もあり、特に月経に関しては服用後しばらく時間が経ってからなので注意が必要です。
いずれにしても、アイピルを服用した女性が不快感として副作用を起こすので、手軽にできる避妊方法ですが、男性側も女性に大きな負担になるということを理解してもらう必要があります。

副作用は時間の経過とともに治まっていきますが、吐き気や頭痛などが治まらない、嘔吐を繰り返すようならすぐに医療機関で受診しましょう。
アイピルは安価で購入することが出来、しかも性交渉後24時間以内に00服用するだけで高い避妊の効果を発揮することが出来ます。
そのため男性の中ではコンドームを使用しなくても避妊することが出来ると思い、アイピルの服用を勧める人がいるかもしれません。
また女性側でも同じことを考えている人がいるかもしれません。

しかし服用する女性が副作用に苦しむ場合もあるので、自身の身体への負担を考えれば、避妊の方法として頻繁に使う方法とは言い難いです。
あくまでも避妊に失敗した時のお守りとして使用する程度が、負担が少ないと言えるでしょう。

関連記事