アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

アイピルの副作用、吐き気と男性側に求められるマナー

きれいな目

アイピルはアフターピルの1つで、薬の通信販売などを利用して安く購入することが出来ます。
性交渉後、24時間以内に服用することで高い避妊の効果を発揮することが出来ますし、低用量ピルと異なり毎日服用する必要が無いのでコンドームと同様、手軽に出来る避妊方法と思っている人がいるかもしれません。
しかし服用することで吐き気や頭痛、めまいなどの副作用を起こしたり、服用後の月経量が増えたり不正出血を起こすなど、服用後しばらくしてから副作用を感じることもあります。
そのため手軽に服用できる避妊方法と考えずに、アイピルを使う避妊方法は女性の負担になるということを男性も最低限のマナーとして理解しておくことが必要です。

男性の中にはコンドームの使用を嫌がる人がいます。
コンドームを使用せずに避妊する方法は女性側が低用量ピルやアフターピルを服用するか、男性側がパイプカットなどの方法を取ることが考えられます。
しかしパイプカットをする方法はあまり現実的ではなく、結果として女性側が負担を受ける低用量ピルやアフターピルを服用する方法を選択する場合が多いです。

薬を使用すれば高い確率で避妊をすることが出来ますが、服用することで副作用に悩まされることもあります。
しかも副作用に悩むのはあくまでも服用している女性なので、男性はその苦しみを直接感じることが出来ません。
苦しみを感じることが出来ないなら、薬の服用で避妊できると安易に考えずに、まずは自分も出来る避妊方法を選ぶことが相手を思いやるマナーと言えます。
負担が一方にかかる方法を選ばないで、アイピルはあくまでも避妊に失敗した時の対処法の1つとして考えておく方が良いと言えるでしょう。

関連記事