アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

アイピルの影響で下痢になっても問題はありません

アイピルは医薬品ではなくホルモン剤です。
アイピルに代表されるアフターピルは女性ホルモンを急速に増強させ強制的に生理を発生させ、子宮口に入り込んだ精子が子宮に着床する前に子宮外に排出させるという効果のある商品です。

ホルモン剤で強制的に生理を発生させますので、生理痛の影響で下痢等が発生しますが、全く心配はありません。
むしろ、生理周期が安定化し月経周期が安定するという効能があるぐらいです。

その場の雰囲気で性行為に及んでしまっても、男性は何も気にならないのですが、女性には妊娠のリスクがあるものです。
望まない妊娠を防ぐには女性は自分の身は自分で守るしか無いものです。
信じていても男性はコンドームをつけないで性行為をする場合もあるものです。
また、行為の途中でコンドームが破れてしまい、膣内に射精されてしまっても、男性は気にしないものです。
そんな、望まない妊娠を防ぐには、女性はアフターピルを使用しなくてはいけません。

性行為後の72時間以内に服用すれば、ほとんどの確率で妊娠を防ぐことは可能です。
排卵を抑制し、子宮に入り込んだ精子が着床するのを防ぎます。
クリニックで処方しないといけないアウターピルは多いのですがアイピルは通販で即日購入することも可能です。
問題のある性行為を行ったと感じたら、すぐに服用をすることをおすすめします。
女性は自分の身は自分で守るしかないものです。

多少、生理痛に似た症状は出ますが、実生活には何も影響はありませんので、安心して服用をすることができる商品です。
持っていることで何も不安もなく女性も性行為を行えるようになるものです。
男性には無い妊娠のリスクがあるのは女性にとっては不公平なことです。
アイピルで女性も自由に性行為ができるようになるのです。

関連記事