アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

ピルの休薬期間は1週間アイピルでカロリーを抑える

コンドームよりも遥かに避妊の成功率が高いのが低用量ピルです。
避妊用のピルとして処方されるもので、毎日欠かさず女性が服用することで、妊娠のリスクがほぼなくなります。
比較的副作用が少ないため、誰もが服用できる、安全な避妊薬として人気があります。
避妊ができるばかりか、ホルモンを安定させる作用があるため、ニキビの悪化やイライラといった、生理前に発症しやすい不快な症状を抑えられるというメリットがあります。
子宮内膜症などの婦人科系の疾患の緩和にも、よく使われています。

避妊用ピルの効果を得るためには、毎日服用しなければなりません。
しかし、服用の最中には、薬を飲まない日を1週間設けるようにします。
この1週間という休薬期間をきっかけに、うっかり薬の服用を忘れてしまうことがあります。
そのために、低用量ピルの中には、有効成分が配合されていない、1週間分の擬似的な薬が入っているものも存在します。
このおかげで、薬の飲み忘れを防ぎやすくなります。

低用量ピルを飲み忘れた状態で、性行為をしてしまったなら、緊急避妊用のピルに頼るようにしてください。
アイピルはジェネリック医薬品として販売されている緊急避妊用のピルですが、海外から購入することができます。
輸入代行業者から通信販売で購入可能です。

避妊用のピルはとても安全性が高いものの、その一方で、静脈血栓症のリスクがやや高まるという報告があります。
静脈血栓症になりやすいのは、タバコを吸っていたり、肥満体型の人です。
タバコは禁煙の努力をしましょう。
肥満に対しては、高カロリー食を控えるようにし、低カロリーでヘルシーな食事をバランスよく取るようにすると、肥満を防止することができます。

関連記事