アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

ヤーズとアイピルの特徴と性欲減退との関連性

避妊薬にはいくつかの種類がありますが、最も使用されているのが低用量ピルと呼ばれるものです。
女性が普段から服用を続けることで、その期間中は妊娠しない身体を作ることができます。

低用量ピルによる避妊を望むのなら、婦人科へ向かうようにします。
最初はまず検査を行ない、1ヶ月分の避妊薬を処方してもらえます。
その後は本人の希望により、数ヶ月分の避妊薬を処方するというのが基本です。

とても避妊効果の高い低用量ピルですが、ネックとなるのが保険の適用がないことです。
婦人科に通うとなると、診療料や検査料などもかかってきますので、家計への負担が大きくなります。

ヤーズという低用量ピルが存在します。
この避妊薬は、日本では月経困難症の治療薬として認められているもので、避妊薬としては処方されません。
しかし、海外では普通に避妊薬として使われています。
ニキビを改善したり、生理痛を緩和するなどの効果があります。
アイピルという海外の避妊薬も存在しますが、この避妊薬は通常の低用量ピルとは違います。
避妊に失敗した時に緊急用として服用する薬になります。

ヤーズのような低用量ピルよりも、強力な作用を持ちますので、普段から服用を続けるような避妊薬ではありません。
妊娠の危険がある女性が、性行為の後にただちに服用するためのものです。
海外から輸入できるアイピルですが、このような性質を理解して服用することをおすすめします。
強い効果がある反面、副作用が出やすいといえるからです。
避妊薬を服用することによる副作用として、性欲減退が挙げられます。
直接的な副作用とはいえませんが、ホルモンを一定に保つ作用があるため、これをきっかけに性欲が減退したと感じられる場合があります。

関連記事