アイピルは緊急時の避妊に頼りになるお薬です。もしも避妊に失敗してもアイピルを手元に置いとけばきっと役立ちます。万が一に備えて持っておくこととアイピルに関して知って欲しいです。

受胎の可能性がある人はアイピルを飲まないで下さい

アイピルはアフターピルの1つで、性交渉後24時間以内に服用することで95%の確率で避妊することが出来るとされています。
しかし妊娠をしたかもしれない人は、アイピルを飲まない様にして下さい。

妊娠初期や中期の様に受胎している状態でアイピルを服用すると、女の胎児の場合は外性器の男性化が、男の胎児の場合は女性かが起こる場合があります。
薬の成分が胎児に移行することで思わぬ事態を招く可能性があるので、妊娠している可能性が考えられるなら、アイピルを服用する前にドラッグストアなどで妊娠検査薬を購入し妊娠の有無を調べてから服用するかを決めて下さい。
妊娠している可能性があるかどうかは避妊が成功したかどうかがポイントになるので、男性側にもしっかりと確認しましょう。

性交渉の際にはコンドームを着用し、破れる等、避妊が失敗したらアイピルを服用する事、アイピルを服用する際の注意点などをお互いに理解し、使用することが大切です。

アイピルには服用することで吐き気や頭痛などの副作用が起こる可能性があります。
通常であれば時間の経過とともに副作用の症状は治まりますが、仮に治まらなかったり嘔吐を繰り返す、湿疹などの症状が出た場合は医療機関で受診しましょう。
もしかすると薬の成分が身体に合わない可能性もあります。
自己判断で良し悪しを決めるのではなく、医師に相談し、安全に使用できるかどうかを判断してもらいましょう。

アイピルは受胎したいる可能性がある時には飲まないことと副作用について記載しましたが、他にも授乳中の人も飲んではいけません。
母乳に薬の成分が移行し、赤ちゃんに母乳を通して飲ませてしまいます。
仮に服用した場合は24時間は母乳を飲ませないように注意して下さい。

関連記事